多くの人が出入りする図書館だからこそ空気環境は大事

多くの人が利用するからこそ

図書館は、子供から年配の人までいろんな人が利用する場所ですから、特に環境には気を配らないといけません。
免疫があまり強くない人も多いので、そういった人にとっても優しい環境でなければならないのです。
もちろん、図書館を利用する人だけでなく、そこで働いている職員にとっても、綺麗な空気環境で働くことはとても大事なことだと言えます。
だからこそ、空気環境測定はしっかりと行う必要があるのです。

最低でも2ヶ月に1回は測定をしてもらう必要があるので、決して怠らないようにしましょう。
そして、何かしら改善が必要だと分かったのであれば、早急に対応するようにしましょう。
そうすることで、誰もが安心して図書館を利用することができますし、それによって図書館の利用者を増やすことになり、多くの人に本を愛用してもらえるのです。